覆面調査で自分のお店の評価を知ることが大切

顧客の声を上手く聞こう

メンズ

効果的な方法はコレです

近年、企業の経営戦略の中で注目を集めている手法が覆面調査です。覆面調査は店舗の実態を顧客の立場で把握する調査で、調査員が一般の顧客になりすまして店舗を利用し、商品・サービスの充実度や店員の接客態度などを観察するものです。通常は企業から専門業者へ委託して、その専門業者から調査員を店舗へ派遣して調査が実施されます。調査は主にチェックシートに基づいて行われ、必要に応じてチェックシートに自由記載を行うというのが一般的なやり方です。調査が終了しますと調査員から専門業者へチェックシートが送られ、専門業者において集計・分析を行った後、その結果を専門業者から企業へ報告されることとなります。こうして報告された覆面調査の結果は、企業の経営戦略の様々な面において活用されます。まず覆面調査の結果は顧客の視点でのものであることから、より顧客の立場に立った店舗運営の方策を検討する際に有効に活用できるということが挙げられます。また企業内部では見えることが出来ない問題点が覆面調査の結果により可視化できることも大きな活用法として挙げられます。さらに覆面調査の結果は現場を変革する材料としても活用されます。覆面調査により問題点が明確にされ、それに対する解決策を打ち出すことで、抜本的な改革が可能となります。覆面調査は全国規模で調査をするものから業界や地域に限定した調査まで、様々なスタイルがあり、企業は目的にあったものを選ぶことができます。また調査費用も比較的安価となっています。企業の経営戦略を効率的かつ効果的に進める手段として覆面調査は重要なアイテムと言えます。