覆面調査で自分のお店の評価を知ることが大切

小売店の販売を拡大

虫眼鏡を持ったスーツの人

既存点のフォロー

メーカーなど製品を製造している会社にとってラウンダーは営業以上に重要な要素を持っています。製品は作成するだけでは利益になりません。小売店によって顧客に販売することで初めて利益につながるのです。最近はインターネットで直販することも可能になっていますが、それでもシェアは小売店での販売が一番多くなっているのです。商品の陳列状況などは小売店に任せることになります。あくまでもメーカーは製品の搬入のみになります。また小売店での販促活動も重要です。いかに販売数を伸ばすかが小売店にとってもメーカーにとっても重要なのです。この役割を担うのがラウンダーです。ラウンダーは小売店を回り、製品の販売状況を確認するとともに、販促活動など製品の販売に役立つ活動を行っているのです。そのため、小売店にとってもラウンダーは重要な位置づけになっているのです。小売店に製品を陳列してもらうための営業活動はどこの会社でも行っています。しかし一度搬入することが確定するとその後の対応は小売店任せになることが多くなっているのです。そのため、販売状況などが悪くてもそれに対して手を施すことができなかったのです。しかしラウンダーを配置することで製品搬入後の既存店のフォローも同時に行う事ができるようになります。営業がこの職種を担うと新規開拓に支障が生じてしまいます。そのため、専属のラウンダーを準備する会社が多くなっているのです。既存点こそ大事にしなければならないのです。